仙台市若林区の歯医者さん

〒984-0051 宮城県仙台市若林区新寺 4-4-10 佐藤ビル1階
「連坊駅」「榴ヶ岡駅」より徒歩8分 / 駐車スペースあり

診療時間
09:30~13:30 × ×

14:30~18:00

×

×

※祝日がある週の水曜は診療しています
休診日:水曜・日曜・祝日

お電話でのご予約・お問合せはこちら

022-256-5110

赤ちゃんのおはなし

こんにちは。衛生士のNです。

今回は、赤ちゃん(56ヶ月ごろ、78ヶ月ごろ)の歯と体の

発達や特徴、食べさせ方のポイントなどをお話していきます。

ごっくん期

(5~6ヵ月頃)

56ヶ月ごろは、なめらかにすりつぶした食べ物を、お口を閉じてゴックンと飲み込む【口唇食べ期(ゴックン期)】といいます。

この時期は歯が生える少し前の段階で、下の前歯付近の歯ぐきが膨らんでかたくなってきます。舌の動きは、主に前後運動が中心ですが、上下運動もできるようになってきます。

 

体の発達

  • 首のすわりがしっかりする
  • 支えていると座れる
  • 食べ物に興味を示す
  • スプーンなどをお口に入れても、舌で押し出すことが少なくなってくる

というような特徴が挙げられます。
体とお口の中の発達がととのってきたら、離乳食開始のタイミングになります。

~食べさせ方のポイント~

体勢は、上半身を少し後ろに傾けると飲みこみやすいです。

スプーンの使い方は、スプーンで下唇をやさしくつつき

「ごはんですよ」「おかゆですよ」と声をかけながら、スプーンを下唇にのせます。そして、唇ではさむまで待ち、スプーンからごくんと飲み込むのをかくしてから引き抜きます。

口唇を閉じて飲み込む時、上唇の形は変わらずに下唇が内側に入るので、確認してみてください。

~離乳食の形態~

最初の段階はなめらかにすりつぶしたポタージュ状で均一な舌触りが大切です。

とろみがないとむせる原因になりますので、とろみがある状態にします。

慣れてきたら、多少粒が残る程度にします。

以上が56ヶ月頃についてでした。

~もぐもぐ期~

(7~8か月頃)

この時期は、やわらかくして小さく刻んだ食べ物を舌で押しつぶして食べる、【舌食べ期(モグモグ期)】といいます。

78ヶ月ごろになると、下の前歯2本が生え始めます。前歯が生えることで、舌は前後運動と上下運動が上手にできるようになります。

また、舌の先を使って食べ物を取り込み、舌と上あごを使ってつぶしたら、舌で食べ物をひとまとめにし、飲み込むことができるようになります。

 

体の発達

  • 手の動き:7ヶ月頃では、手の全体で物をつかみ、徐々に親指、人差し 指、中指をつかえるようになっていく。8ヶ月頃では、指を伸ばして物をつかもうとしたり、なんでも口に入れたりする。
  • 座る:7ヶ月頃では、徐々に背をのばし、手を離せるようになる。8ヶ月頃には、上手に座れる。

というような特徴が挙げられます。

~食べさせ方のポイント~

スプーンの使い方が大切です。

下唇の上にスプーンを置いて、上唇が閉じて食べ物を取り込むまで待ちます。

唇が左右同時に伸縮し、上下の唇が閉じて薄くみえたら、食べ物を舌で押しつぶしている印です。

また食事のときはイスに座らせ、足の裏が床やイスの補助板にぴったりとつく姿勢をとりましょう。◯◯ですよ~」と食べ物の名前をいうなど、声をかけながら楽しく食べさせましょう。

液状の食べ物は、スプーンを下唇の上に置いたら、上唇に食べ物を触れさせ、すする動きを引き出します。

スプーンはくぼみの浅い物を使いましょう。

~離乳食の形態~

舌でつぶせるような豆腐やプリン状のものが良いです。飲みこみやすいようにとろみもつけましょう。

味付けは風味付け程度にし、食べ物の素材の味を覚えさせましょう。

以上が78ヶ月についてです。

 

いかがでしたか?

今回は赤ちゃん(56ヶ月ごろ、78ヶ月ごろ)の歯と体の発達や特徴、食べさせ方のポイントをお話しました。続きは今後またお話していきます!

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

022-256-5110

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:09:30~13:30
午後:14:30~18:00

※祝日がある週の水曜は診療しています。
休診日:水曜・日曜・祝日

022-256-5110

〒984-0051 宮城県仙台市若林区新寺 4-4-10 佐藤ビル1階
地下鉄東西線「連坊駅」西1出口より徒歩8分
仙石線「榴ヶ岡駅」出口2より徒歩8分
仙台駅東口より徒歩16分、タクシー5分